CPAPのマスクについて

じつは、私もCPAPを利用している睡眠時無呼吸の患者のひとりなのですが、私は近頃マスクのフィット感についてよく考えます。いつもお世話になっている先生からは、CPAPのマスクは「強すぎず、弱すぎず、頃合が大切」と教えていただきました。私も同感です。強く締め付けるとリークはなくなりますが、朝起きたらマスクと顔が触れる部分が真っ赤になっていることがありますし、締め付けが弱すぎるとリークが多くて眠れません。頃合が大切なんです。

CPAPを使っていない方には何の話かさっぱりわからないかもしれませんが、使っている方にはよくわかると思います。今後はCPAP本体だけでなくマスクのバリエーションも多くして皆様のご要望にお応えしたいと思います。

医療関連サービスマーク,りょうさい会