いつもの映画の感想です。

「エヴェレスト 神々の山嶺」という映画見てきましたのでご報告。

エヴェレストという題名からもわかるとおり、雪山を舞台にした映画ですので、寒がりのわたしにはみてるだけで冷え性の足先が冷たくなってくるような気分でしたが、リアリティもあって見ごたえある映画でした。

山岳ものの映画というと昨年だけでも「岳」「春を背負って」「エベレスト3D」とみましたが、このての映画は登場人物が全員五体満足で終わるということはまれである気がします。今回の映画もそのセオリーにのっとったものでしたので残酷なところもありますが、「エベレスト3D」ほどリアリティを追求していないので楽しんでみることができます。そんな映画でしたから、気分転換にちょどいい映画でした。5点満点の評価で4点弱というところでしょうか。

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    嶽本 幸次 (木曜日, 12 5月 2016 11:17)

    映画を良く見られていますね(^^)
    良いなぁ~
    山映画はあまり見たことが無いんですが山田さん一推しはありませんか?

医療関連サービスマーク,りょうさい会